PROFILEプロフィール

オーナー・セラピスト
善本 光
Hikari Yoshimato

3児(長女・次女・長男)育児中のママセラピスト。

出身地:東京都目黒区  誕生日:12月12日  血液型:A型

趣味:フラ、勉強(興味のあることだけ)、キャンプ、外気浴、考え事、人間観察 

資格:看護師・ロミロミセラピスト・メディカルアロマインストラクター・心理カウンセラー・家族療法カウンセラー・チャイルドカウンセラー・リフレクソロジー養成学院IFRコース修了・オーラソーマレベル2修了・レイキ

こどもの頃の夢は「看護婦さん」何でそう思ったのかはわかりません。 その後看護師を目指したのは、テレビでマザーテレサが孤児院の子供たちを抱き「あなたは望まれて生まれてきた大切な人」と伝えている姿をみてから。 「小児科の看護師になりたい。つらい期間を過ごす子供たちの思いに寄り添い、マイナスをプラスに変えたい!」と思っていました。 でも、新卒時の配属先は成人の外科病棟。その頃の私は「あの子とは夜勤できません!」「患者さんを任せられません!」と先輩に言われるくらいのできの悪さ。 患者さんの話に耳を傾けるのは一生懸命、でも1番のベースである生命維持、命を守るための役割、責任への認識が甘かった。 そんな私ですが後々当時の先輩看護師さんのひとりに 「あなたに教えられたことがある。新卒のあなたと一緒に夜勤したとき、術後不穏になった患者さんに、私は当たり前のように薬を準備していた。全くあの子どこ行っちゃったの!!と思いながら、病室に行ってみたらあなたが横に座って一生懸命話を聴いていた。少し様子を見てたら、治っちゃったのよ!あ~こういうの忘れてたなって初心に戻ったのよね。」と褒められたことがあります。 看護師の仕事は自分が目指していたものとは違うかも・・・と思いながら過ごし、3年目に転職。そこで出会った上司はホスピスでの経験があり身体だけでなく心も含めて命を守っている人でした。はじめて出会った理想の看護師さん、病棟スタッフの志も同じ、患者さんからもスタッフからも沢山のことを学びました。アロマセラピーを学んだのもその病院でした。看護に取り入れ、病棟や外来でアロママッサージを提供していました。 終末期医療に携わる中、患者さんやご家族のケアにできることは何か?と考えていきついたのが、アロマやリフレクソロジーなどの代替療法。 看護師をしながら、オーラソーマ、ハワイアンロミロミ、リフレクソロジー、レイキのスクールに通い資格を取得。その中で「ケアする人のケア」の必要性を感じ、「いつか病院内に患者さんだけでなく、ご家族や医療従事者が利用できる、サロンを作りたい!」と思い、看護師をパートに切り替え、自宅サロン(ヒーリングサロンAloha Kukui)開業。病院へのアプローチはうまくいかず、経営もうまくいかず、数年で廃業。 長女妊娠時より、看護師のパートもやめ専業主婦。家庭や家族問題でのストレスや育児、家事の疲れがたまり解離性障害、うつ病発症。家族に支えられつらい時期を過ごす中、「ケアする人のケア」医療や介護のなかだけに必要なことではない。育児中のママにも必要なことだと痛感しました。次女の病気(胆道閉鎖症)や自身の結婚・育児での悩み事を体験している時、いつかこのネガティブな体験をポジティブに還元したいと考えていました。 そんな中、家計が厳しく働く必要がでてきました。こどもがまだまだ小さいのでできれば一緒に過ごす時間を大切にしたい、でもその条件で働ける先決まらず・・・。 ならば、いつかやりたいと思っていたことを今始めよう!と自宅サロン再開を決意。 ブランクがあるので、家族の協力を得て、再度ロミロミのスクール(以前とは違うところ)で学び直し、アロマも再学習、メディカルアロマインストラクターの資格を取得。現在、カウンセリングの知識を深めるためカウンセラーの講座を学習中です。 生と死の現場で学び、結婚・子育てで学び、心に寄り添うことを大切に、いきついたところは、ママを癒やして、こどもの心を守ること。 そして、マザーテレサが残した「世界平和のためにできることは、家族を愛すること」その意味がやっとわかりました。 「あなたは望まれてうまれてきた大切な人」その思いが、 ママからこどもに届けられるように、 ママがママ自身の心にいるこどもの頃の自分に届けられるように、 セラピストとして心と身体に寄り添いサポートする道。 看護師を目指したきっかけに戻ってきました。 自分にも他人にも正直に、ありのままで、日々学び、常に成長していく自分、サロンでありたいと思っています。

営業日のご案内

LINE@

友だち追加